OHGONZAN ATTACK official site
Text Size :  A A A
|  Top  |  News  |  About  |  Member  |  Past performance  |  Diary  |  Contact  |  Link  |
藤井友紀出演!

日本劇作家大会2014豊岡大会 (Click!)

「地域交流シンポジウム」



2014年
6月14日(土)10:00〜 

兵庫県豊岡市・城崎国際アートセンター (Click!) /スタジオ1


北海道から沖縄まで! 全国各地で面白い演劇を創り続けるパネラーたち。各地域の演劇をアピールし、各地域の「オモシロイ」を追究・発見するシンポジウムです。
また、愛知県長久手町で10年間にわたり開催されてきた短編演劇イベント「劇王」も、もちろん話題のひとつ。劇作家協会東海支部が積極的に行ってきた、地方演劇を活性化するこの試みは、北海道・東北・神奈川・中国・四国にまでひろがり、各地域で続々とチャンピオンが誕生。チャンピオンたちが一堂に会する天下統一大会も行なわれています。


出演
齋藤雅彰(日本劇作家協会 北海道支部長)、くらもちひろゆき(東北支部長)、
中山朋文(神奈川劇王)、平塚直隆(東海支部長)、福田修志(九州代表)、
藤井友紀(中国支部長)、田原雅之(沖縄)
司会:佃 典彦



吉本武史出演!

INAGO-DX (Click!)

『パイプ・ライフ』


脚本・演出/武田宜裕



2014年
9月20日(土)、21日(日) 

南区民文化センター スタジオ (Click!)



吉本武史、出演! 藤井友紀、宣伝美術!

自分にうちかつ役者たちの公演

「私たちはどうしたらあえるの?」 作・演出/鈴江 俊郎 (Click!)



****************************************************************************
今公演のあらすじ変更のお知らせ

 今回、私たちが皆様に予告したいた物語は、地震、津波、孤島に取り残された人々というものを設定したものでしたが、現実に、東日本大震災が稽古中に発生してしまいました。
 もちろん、真摯に生を見つめ、希望を獲得する物語ではありますが、この時期に、地震、津波、その被災者がフィクションの物語の中で泣き笑いする有様をお見せすること自体が、お客様をいたずらに傷つける恐れがある、と私達は判断いたしました。
 あらかじめ予告していたあらすじとは違った内容の作品を上演いたしますことをお詫び申しあげます。
 この予告していたあらすじの作品はまた時期を改めて上演することに致しました。
 残り少ない上演までの時間に私たちは新たな作品をつくりました。

 役者達は現実に打ち勝ちつつあります。
 キャストスタッフ一同、はりきっております。

 是非ご覧下さいませ。

****************************************************************************



2011年
3月19日(土)14:00/19:00開演

3月20日(日)13:00/16:00開演


アステールプラザ・多目的スタジオ (Click!)


出演/石橋磨季 岩崎きえ 笹木真之 長浜広 吉本武史


◆チケット
[前売]一般2,200円/学生1,500円
ペアチケット 一般4,000円/学生2,500円/一般+学生3,000円
[当日]一般2,700円/学生2,000円
※ペアチケットは前売のみです。学生は高校生以下のことです。

◆チケット取扱
チケット予約フォーム (Click!)
アステールプラザ情報交流ラウンジ(窓口販売)
C.T.T.広島事務局(下記連絡先)

◆問い合せ
[アステールプラザ]
TEL/082-244-800 E-mail/naka-cs@cf.city.hiroshima

[C.T.T.広島事務局]
TEL/090-7892-8925(代表) E-mail/ctthiroshima@mail.goo.ne.jp
BLOG/ (Click!)

◆staff
照明:小早川洋也[(株)ステージユニオン広島]
舞台美術プラン:鈴江俊郎、作成:役者全員
宣伝美術:藤井 友紀[黄金山アタック]
制作統括:C.T.T.広島事務局、舞台芸術制作室 無色透明

◆あらすじ
「高校教師たちが年に一度の慰安旅行にでかけた離れ小島を、津波が襲った。
生き残った5人の教師たち。数学、生物、家庭科、体育。しかしどうやら何ヶ月たっても救助の気配もない。世界で生き残ったのは自分たちだけのようなのだ。
水はちっともひかない。このままだと人類最後の5人になりそうなのだ。私たちは最後の人類として、なにかできるだろうか。そもそも最後の人類になっていいのだろうか。そして、あえるのだろうか。私たちとして、ほんとうの私たちに。」が、変更になります。

【協力】(株)ステージユニオン広島、子どもコミュニティネット、office白ヒ沼、SAND PEOPLE、宴、黄金山アタック、ともだちカンパニー、シバイエンジン

【主催】C.T.T.広島事務局 (財)広島市文化財団アステールプラザ
【共催】広島演劇協会 舞台芸術制作室 無色透明


吉本武史、演出・出演!

ピアノ×太宰治

「駈込み訴え」 作/太宰治 演出/吉本武史  (Click!)

2011年2月22日(火)20:00開演

※開場は19:30です。


Live Juke ライヴジューク (クリスタルプラザ19F) (Click!)

広島市中区中町8-18 Tel 082-249-1930


出演/ピアノ:大井手慶 役者:吉本武史



◆チケット(前売、当日とも同料金)
1,500円 + 500円(1DRINK)

◆問い合せ
E-mail niinayoshimoto@hotmail.co.jp